アクセスカウンタ

落語サークル富福亭(とんぷくてい)

プロフィール

ブログ名
落語サークル富福亭(とんぷくてい)
ブログ紹介
『富福亭』の活動を中心に書いていますが、あわせて『お笑い福祉士』の活動についても紹介しています。

『富福亭』:
富田林に笑いと福の種を播こうと2008年の7月に生まれた市民サークルです。
笑福亭松枝さんの落語教室(中央公民館主催、10回)から発展して誕生しました。
第1と第3木曜日の7時から、富田林市中央公民館で笑福亭松五さんの指導を受けてお稽古に励んでいます。
現在会員は15名。男性9名、女性6名。学生、専業主婦、勤め人、退職したシニアと年齢も職業も様々です。
折々にある発表会とボランティアの出前寄席でお客様に楽しんでいただけることを目標に活動を続けています。
連絡先 0721-26-2165 (川瀬)

『お笑い福祉士』については『お笑い福祉士全国の会』のHPをご覧ください http://owaraifukushishi.jimdo.com/



zoom RSS

感想文

2017/08/14 23:00
17/08/14(月)

先日(8月2日3日)に訪れた長野放課後児童会(河内長野市)の子供たちから感想文が届きました。
かわいらしいカットもいっぱい描かれていてなんとも嬉しいプレゼントでした。

画像
画像
画像


「1人で5人6人の役をしたり、江戸時代の最初にできたというのを教えてくれたり、しょうきちくんが昔話をしてくれたり、楽しかったです」
「動物園のんも とってもおもしろくて さいごが さいこ〜におもしろかったです。うどんのやつでは ほんとうにたべてると思いました」
「落語の事がとてもよくわかった。とちゅう、○○くん(生徒)が出てきておもしろかった。もっと落語を生でみたくなった」
「CDで聞くより生で聞くほうが聞きとりやすく、おもしろかった」…先生方が事前学習として図書館から枝雀さんのCDを借りてきて聴かせてくれたのですが、小学生にはまだ難しかったようです。

訪問した私も楽しかったのですが、子供たちも落語の世界をちょっぴり覗いて楽しんでくれたみたいです。
それにしても放課後児童会の先生方には本当にお世話になりました。有難うございました。 (だし吉)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

記事へトラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

落語サークル富福亭(とんぷくてい)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる